【週刊恋愛サロン第11号】こうすれば99%彼女ができる!/恋愛関係資本/ナンパトライアスロンレポート2

 

みなさん、こんにちは。
PuANDAです。
恋愛サロンでは「童貞脱出プロジェクト」や「ナンパの日」「奇跡の一枚撮影会」など、自発的にさまざまなイベントが提案され、毎日盛り上がっています。先週の金曜日はDT脱出プロジェクトの会合があったり、土曜日はシンガポール最強ナンパ師さんによるプロフ用写真撮影会がありました。

両方出席した人は戦闘力が300%くらいはあがっていることでしょう。

週刊恋愛サロン第11号−目次
1)こうすれば99%彼女ができる!
2)恋愛関係資本の時代 by PuANDA
3)知性派PUAのナンパ・トライアスロンレポート パーティー編

それでは今号もお楽しみください。

 

1)こうすれば99%彼女ができる!

 

こんにちは、書評担当のムッタです。

週刊恋愛サロンで「恋愛プレイヤーの皆さん向けに"【即】使える"書評コーナー」を担当しています。今回もぜひ気軽なお気持ちで楽しんでいただければと思います。

前回はプチトライアスロンの様子をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
【週刊恋愛サロン第10号】簡単!セフレのつくりかた/知性派PUAの実践レポート


色々と反響をいただきまして、恋愛サロンのメンバーと面談してきました。

私の経験から少しではありますが、恋愛・副業・出世工学のお話しをさせていただきました。何か参考になることがあればうれしいです。

大学生プレイヤーからはこんな声をいただきました。
----------------------
よかったことは、目標から逆算し、打つべき手を選ぶことで成功率を上げることができる点、やはり、「こういうことを言ったらどう返ってくる。それに対応する」という点が、とても印象に残りました。(中略)
最後にコールドリーディングです。コールドリーディングは今まではそれっぽいセリフだけを言って満足していましたが、ムッタさんはそれに教養が加わり、ハイブリッド型コールドリーディング?みたいに進化していた気がします。教養を身につけて真似できるようになりたいです。
あ、すごい人に気に入られるための方法、考えもためになりました。あちら側にメリットを与えないとですね!
----------------------

◎恋愛サロンメンバーの求めていることは彼女を作ること?!

中には100即を目標にする人もいるでしょうが、私がお話しした10数名のサロンメンバーの求めていることは彼女をちゃんと作ることでした。

全く彼女がいなかったわけではないけれど、何年も彼女がいない。
この状況をどうやって脱すればいいのか。これが課題でした。

[まずは彼女を1人作る]ためにはどうすればいいのでしょうか。

10号でお伝えしました『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』森岡 毅 (著)が参考になります。

----------------------
究極的には、変えたのはこの1つだけと答えてもいいでしょう。
それは「消費者視点(Consumer Driven)」という価値観と仕組みにUSJを変えたことです。
(中略)
マーケターは消費者理解の専門家
あくまでもターゲットにしている消費者達がどう感じるかを念頭に、問題点があれば指摘しなくてはいけないのです。
(中略)
USJは消費者視点を大切にして、作ったものを売る会社から、売れるものを作る会社に変わりました。
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』より
----------------------

PuANDA氏がこんなことを言っています。
----------------------
小学校高学年から受験勉強させられて、男子校へ通い、大学は理系で彼女も出来ず大学院まで行って、やっと入った有名企業で先輩に連れられていった合コンで5つも年上のキラキラBBAにパクッと食われて一生社畜兼ATMの人生を送るのか。君は?
https://twitter.com/shoichirosm/status/765225913285881857
----------------------
恋愛サロンのメンバーは、揃いもそろってハイスペックの方々ばかりでした。


それでも何年も彼女がいないと。

何とかしたいと思っている方は、このnoteと森岡さんの本を是非読んでみてください。

ISSUEを探すこと(【週刊恋愛サロン第4号】パンダとオンクのステナン対談/恋愛もまずイシューよりはじめよhttps://note.mu/puanda/n/nf1d884e34548)、そして、ゲストが本当に喜ぶことと、ゲストが喜ぶだろうと思っていることはギャップがあること、いくら技術者が技術的に優れたものを作っても、顧客が価値を感じなければ残念ながら報われないこと。
働く上での金言、そして恋愛活動でも応用ができることが満載です。

その中で一番参考になる考え方が3章に書かれている「マーケティングの本質とは何か」の部分です。
----------------------
・まるで治水工事のように

「売上個数」=「消費者の数」×「認知率」×「配荷率」×「購入率」
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門』より
----------------------
さて、これに似た式を私はPuANDA氏のnoteで見たことがあります。
この春、恋愛で成長するためのKey-note
より
----------------------
●準即数=声掛け数×オープン率×LINEゲット率×デート移行率×デートクロージング率
昨年の自分はこれくらいでした。
●400声掛け×40%×70%×50%×60%≒32準即
----------------------
PuANDA氏は声掛けした人の総数のうち[8%]の人とゴールしているのです。
この数字が決定的に重要です。

これからゴールしたい女性のLINE IDがあなたのスマホに何リストありますか。これがもし1~3人であればゴールしたり彼女化したりすることは難しいでしょう。

上記の式に当てはめればこうなります。

声掛け×<Open率>×<LG率>×<Apo率>×<Goal率>=ゴール数
12×<0.4>×<0.7>×<0.5>×<0.6> =1.008
8×<0.7>×<0.5>×<0.6> =1.68(Openしている状態からだと)

12人に声をかければ1人はゴールできます。
8人のLINEをゲットできれば1人はゴールできます。
ということは、そもそも8人のLINEをゲットできていない時点で、彼女化すべき女性とゴールができないということです。

もちろん最近のPuANDA氏はここまで勝率を高めています。
----------------------
丁寧にやると、月2回出撃→10LG→5アポ→3GOALくらいでしょうか。
https://twitter.com/shoichirosm/status/764720162180255744
----------------------

ということで、まず1人ゲットしたいのであれば、8LG、12声かけが命ですね!


◎どこで、どう戦うか?

これまでのnoteでは週刊恋愛サロンやタカシさんがACSモデルの様々なテクノロジーを披露しています。

上記の<Open率><LG率><Apo率><Goal率>は
そのままACSモデルに当てはまりますね。

<Open率><LG率><Apo率>まではAttractフェーズ、Comfort Buildingフェーズ
<Apo率><Goal率>まではSeductionフェーズとなります。

それぞれ、おすすめのnoteは以下の通りです。

[ACSモデル概観]
●【週刊恋愛サロン・創刊号】永久保存版脈ありサインダイヤグラム他

●【週刊恋愛サロン・第2号】ACSテクノロジーを俯瞰する/デートに効くマインドフルネス

[Attractフェーズ]
●【週刊恋愛サロン第9号】童貞卒業プロジェクトの意図/PUAの憂鬱/キャラ別オープナー選択マトリクス

●【週刊恋愛サロン第4号】パンダとオンクのステナン対談/恋愛もまずイシューよりはじめよ

[Comfort Buildingフェーズ]
●【週刊恋愛サロン・第3号】女子目線のラブホ選び/ナンパ時の会話/LINE入門

●デートで使える!口説き用トークスクリプト

[Seductionフェーズ]
●セックスまでの10ステップ&甘えんぼルーティン

●ホテルに連れ込むためのテクニック1

●ホテルに連れ込むためのテクニック2


これらは[どう戦うか?]という内容でした。
次に[どこで戦うのか?]を考えてまいりましょう。

まずは、こちらをご覧ください。

☆[11号画像1]出会いエンジンマトリクス☆


警戒心が低い・高い、スト値(女性の可愛さ・美人さを表す指標)が低い・高いで出会いエンジンを整理してみました。

どこにいけば、可愛い彼女を作ることができるのでしょうか。

もし、私が25歳で社会人3年目、自分の見た目はそこそこなら、街コンから始めます。
そして、恋愛サロンメンバーと合流しながらサロンのパーティーでモテ男たちの振る舞いを研究します。そして見た目を改善したり、筋トレをして本業にも精を出します。

そして、ネトナン(ペアーズやTinderなど)も同時並行でやり、まずはスト低とゴールします。だんだんと自分のレベルに合わせて彼女もスト高に近づけばよいのではないでしょうか。
どこから始めるかは人それぞれですし、自由に市場を選んでよいと思うのですが、
ストリートナンパから始めるのはあまりお勧めできません。やはり地蔵してしまうからです。

また、気を付けなければならないのは、いきなりスト高を狙いすぎて、ゴールができないことです。

街コンやその他のパーティーでも可愛い子には優しく、可愛いとはいえない子には冷たくする、そもそも楽しませようとしない男性が時々見受けられます。

私が合流させていただいた凄腕の方々は、どの女性・男性に対しても分け隔てなく紳士的に接し、全員を楽しませようとしていました。その結果アルファ感が増していて、男性の価値が高まるのですね。

ということで長くなってまいりましたので、今回は以上です。

今回のnoteを読んで実践すれば99%彼女はできると思います。

あと1%自信がない方は、是非PuANDA氏(@shoichirosm)IT戦士オンク氏(@it_warrior_onc)、もしくはムッタ@stealth alliance(@jigo_sg)までご連絡いただければお答えしますよ!お2人は忙しいので、私がおすすめです。(笑)

それではまた!

 

2)恋愛関係資本の時代 by PuANDA

 

経済学・社会学に「ソーシャル・キャピタル」(社会関係資本)という概念があります。

ソーシャル・キャピタルとは、人々の協調行動を活発にすることによって、社会の効率性を高めることのできる、「信頼」「規範」「ネットワーク」といった社会組織が持つ資本を指します。

すでに存在するコミュニティ、あるいはネットワークを有する個人について、ソーシャル・キャピタルの高低が問われます。たとえば、貧しい国のスラム街のような場所では、「信頼」や「規範」が機能せず、収奪や暴力犯罪が繰り返されるソーシャル・キャピタルの低いコミュニティが延々とつづく一方、シリコンバレーのような土地では共通の価値と言語が人々に共有され、転職や起業によって、能力のある人々が流動し、他にはない「信頼」「規範」「ネットワーク」を構築した、レベルの高いソーシャル・キャピタルが出来上がっています。

個人にとっても同じことでスラム街のネットワークのようなgive&takeが機能しないソーシャル・キャピタルの低いネットワークを持つ人もいれば、組織への貢献や留学などを通じて、give&takeが成立する質の高いソーシャル・キャピタルを形成している人も存在しています。

個人のキャリアや人生の充実度を予測するときに、実はこのソーシャル・キャピタルが大きな影響を与えていることがさかんに指摘されています。

歯の数と個人のソーシャル・キャピタルが関連しているという調査データもあるくらいです。


同じような知能や技術の持ち主でも10年後・20年後、まったく異なる活躍をしている。
それを左右しているのがソーシャル・キャピタルではないかと言うわけです。
今回の記事で、ソーシャル・キャピタル社会関係資本)を援用し、私は「恋愛関係資本」という概念を提出しようと思っております。

同じような外見・スペックであるのに、どうして片方はとっかえひっかえのヤリチンで、片方は彼女いない歴=年齢の童貞のままなのでしょう。

 

note.mu