読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【週刊恋愛サロン第7号】夏本番!納涼船攻略アルゴリズム/クラブVIPを最高のコスパでenjoyする方法

 

こんにちは!PuANDAです。

夏がはじまりました。

納涼船にBBQに海、恋愛サロンメンバーの報告によれば、いろんなところで出会いが生まれています。

今回は、夏あそび特集!ということで、納涼船攻略とクラブVIPメソッドをお届けしたいと思います!

早めにマスターして、人生でいちばんリア充な夏を送りましょう。

 

週刊恋愛サロン第7号・目次

1)師匠に非モテコミットすれば人生は変わる!

2)夏本番!納涼船攻略アルゴリズム

3)クラブVIPを最高のコスパでenjoyする方法

 

今回もなかなかのボリュームです。お楽しみください。

 

1)師匠に非モテコミットすれば人生は変わる!

こんにちは、ムッタです。

今回は、巻頭を任されました。気合入れていきます。

週刊恋愛サロンで「恋愛プレイヤーの皆さん向けに"使える"書評コーナー」を担当しています。

<召喚→覚悟→限界→【師匠】→怪物→変容→達成→帰還>

(『神話の法則』よりムッタ要約)

『ぼくは愛を証明しようと思う。』にはじまり、ドラゴンボールであろうと、何の物語であろうと上記のステップを経てストーリーは展開されていきます。

週刊少年ジャンプを筆頭とする日本のストーリーはこうした[成長]という主題があり、多くの人の心を魅了するのです。

今回ご紹介する本も<召喚>から始まり、<帰還>までのプロセスをたどります。

仕事は楽しいかね?

http://www.amazon.co.jp/dp/B00SIM19YS

-------------------------------------------

 吹雪によって空港が閉鎖され、主人公は26時間も待つハメになった。たまたま出会った風変わりな老人に「仕事は楽しいかね?」と聞かれ、主人公は日頃の不満をぶちまけてしまう。

 勤続15年になる主人公はまじめに週50時間働いているが、給料も上がらず出世もできず人生に退屈している。同時に将来の不安も抱えていて、最新の自己啓発書を買ってきては新たな夢に向かおうとしていた。しかし、妻子を抱え、住宅ローンのある身では、叶わない夢だとどこかで諦めている。(中略)

 老人に不満をぶちまけたことを主人公は恥じたが、実はその老人はマックス・エルモアという巨万の富を築いた起業家だった。空港が再開されるまで、老人は自らの成功哲学を語り、主人公に助言を与えることになる。

 これまで主人公は山のように自己啓発書を読み漁ってきたが、これぞと思える戦略や哲学には出会えなかった。老人は「目標の設定」「生きる姿勢を変える」といった自己啓発書のエッセンスを書き出した上で、デカデカと×印をつけた。

参照

http://bizpow.bizocean.jp/review/work/

-------------------------------------------

☆『仕事は楽しいかね?』 3つのポイント

[Point 1]試してみることに失敗はない

[Point 2]明日は今日と違う自分になる

[Point 3]遊び感覚でいろいろやって、成り行きを見守る

人間は失敗してもそこから学ぶことがあり、試してみる前の自分には戻らないと。

そして、目標を今日と違う自分になるという風にすれば、着実に成長していき、

その際にあまり深刻にならず、遊び感覚が大切であると。

本書では繰り返し、こうしたことが言われます。

-------------------------------------------

女に困っている男の振る舞いと、女に困っていない男の振る舞いを、女性は一瞬で見抜くから、男としては「自分は女には一生困らない」と思い込めるとかなり強い。

https://twitter.com/shoichirosm/status/755345022615040000?lang=ja

-------------------------------------------

PuANDA(パンダ)さんのツイートにあるように、振る舞いを変えていけば

自然とモテ道を進むことができるでしょう。

しかし、しかしです。

再掲:

<召喚→覚悟→限界→【師匠】→怪物→変容→達成→帰還>

(『神話の法則』よりムッタ要約)

週刊金融日記を購読し始め、『ぼくは愛を証明する』を読み、恋愛サロンに入り、各種ナンパクラスタのツイートもウォッチしている。

それでも、<限界>という壁を超えるのは難しいのです。

ネットナンパや街コンレベルでは、ゴールを決められても、<怪物=SA級の美女>の前でたじろいでしまうこともあるでしょう。

そこで、大切になるのは、<師匠>の存在です。

少し私の昔話にお付き合いください。

~月収50万円までの道~

若手サラリーマンだった当時の私は、独立したくて副業に手を染めました。

しかし、FXやアフィリエイト、それまで自分で稼いだことがなかった私は<師匠>を探していました。

大学受験でも、就職活動でも成功するためには<師匠>が必要だと実感していたからです。

ネットで稼ぐ色々な人の中で自分がセミナーに行き信頼できる人を見つけました。

私はその師匠のメルマガやブログを全部読み、すべてのブログにはコメント、メルマガには返信しました。それから2か月経ったころ、コンサル生を募集すると。秒速で申込みました。

その費用は何と30万円。サラリーマンがなけなしの大金を一気に払い、弟子入りしたのです。

<師匠>のもとにいて勉強すると、自己流の危うさを痛感するとともに、

ある事象が起きた時の[解釈]と[対応]の違いに驚きました。

当時はビジネスだったので、恋愛活動とは異なりますが、

損して得を取る。

リスト集め。

フロントエンド、バックエンドなど

多くのことを身体で覚えました。

それまで自己流で半年副業していても月収5万円程度がやっと。それから<師匠>のおかげで弟子入り初月月収10万円、半年後には月収50万円まで稼げるようになりました。

その後も師匠のビジネスをサポートとして手伝ったり、今だその時の教えは財産です。

~昔話はここまで~

あなたが、もしピックアップアーティストとしてモテるのが目標であるならば

私の昔話は少し参考になるのではないでしょうか。

<召喚→覚悟→限界→師匠→怪物・・・

この中で<限界>や<怪物>に遭遇したら、ぜひ<師匠>に弟子入りしましょう。

その時に大切になるのは、”非モテコミット”です。

女性に対してはあれほどダメといわれる”非モテコミット”。

しかし、男性に対してはこれほど有効な手段はありません。

相手の発信している情報はすべてキャッチし、徹底的に反応しましょう。

そして、直に会うのです。相手のメリットを考えて、何度でも提案しましょう。

<師匠>は多忙です。それでも徹底的に”非モテコミット”して会いましょう。

なぜ直接会うのがいいのか。

それは結果を出している人は、

結果を出せない人とは違う[解釈]、そして

結果を出せない人とは違う[反応]をしているからです。

女性を瞬時に

1)即系2)婚活系3)キラキラ系と見分けたり、

細かい脈ありサインを見逃しません。

どこまで細かく見ているんだ!と思いきや、想定外の反応を取ったりします。

そんな現場を直に目の当たりにするのです。

そうすると次第に自分の中に<変容>が生まれます。

私の好きな言葉に「Fake it until you make it.」があります。

ぜひ、直に<師匠>に会いましょう。そして<師匠>のオーラ、雰囲気をインストールしましょう。そのオーラを纏って演じましょう。

そうすれば<怪物>の前にあなたがたじろいでしまうことはありません。

・・・怪物→達成→帰還>という物語の結末を迎えることができるのです。

私は2,000冊以上本を読んでいますが、たった1人の師匠との出逢いの方が圧倒的に人生を変えてしまいます。

ぜひ、あなたがなりたい自分をまとう<師匠>に徹底的に非モテコミットしてみましょう。

今回は以上です。

 

2)夏本番!納涼船攻略アルゴリズム

こんにちは。IT戦士オンクです。

もうすっかり夏ですね。

ぼくはつい先日まで恥ずかしながら生まれてこのかた納涼船というものに行ったことがありませんでした。一度ママの還暦祝いに家族で東京湾クルーズには行ったことがあるだけです(笑)。実は去年の9月頃に納涼船というものがあることをTwitterで知って、今年こそはデビューしたいとこっそり思ってました。そんな矢先アシュトンさん(@Ashton)からの誘いもあり、無事に納涼船童貞を卒業することができました。既に今年だけで納涼船には数回行っててある程度戦い方がみえてたので、今回はそのことについて書こうと思います。

●納涼船とはなにか

納涼船とは、ひとことでいうと夏季限定の東京湾クルージングです。こう聞くと、東京のきれいな夜景を楽しみながら、お酒を飲むという極めてリア充なスポットとして思ってしまいがちです。ぼくも教えてもらうまで、友人同士でまったり楽しみながら、ついでに軽くナンパができるところだと思ってました。

しかし、勘違いしていはいけません。ここは完全なるナンパスポットです。聞くところによると、以前ははまったりお酒を飲むリア充的な要素が強いスポットだったらしいのですが、今となっては出会いの場としてのイメージが定着し有名なナンパスポットとなったそうです。そして、実際に納涼船は男たちが血に血を洗うレッドオーシャンとなっています。かつてはただの飲み屋街だった銀座のコリドー街や恵比寿横丁なんかをイメージすると非常に理解しやすいと思います。

では、なぜわざわざレッドオーシャンである納涼船に乗るかというともちろん良い点もあるからです。ひとつはクルージングと冷たいお酒、きれいな夜景がそろった非日常的な空間であることや、ナンパスポット化していることから地蔵しづらいことなどです。また若い子が多くスレてる子が少ないというのも良い点です。これは納涼船の仕組みによるところが大きいかもしれないですが、銀座のコリドー街や恵比寿横丁なんかにいる乞食ガールはまあいないです。というわけで、まとめると特に普段ストリートでナンパしたことない人や声かけて無視されると心が折れてしまう人にとっては、トレーニングの場としても出会いの場としても悪くはないスポットといえます。これに関しては、他のナンパ師や恋愛プレーヤーの方も基本的に同じ見解ですね。

●知っておくべき納涼船の特徴とは

納涼船はナンパスポットのひとつですが、コリドー街などの普通のナンパとは少し違い、やはりいくつか特徴があります。このあたりを理解したうえで乗船すると、そうでない場合に比べはるかに結果も出しやすいし納涼船自体も楽しめると思います。とうわけで、納涼船の特徴を簡単に説明しておきます。

1.時間が短い

納涼船は19:15に竹芝から出航し、21時には東京湾を一周して竹芝に戻ってきます。19時くらいに船に乗り込むとしても2時間しかなく、圧倒的に時間が短いです。この2時間というタイムリミットから逆算して、どう時間を配分していくかがひとつ鍵となります。

2.地形が複雑

時間が短いにもかかわらず地形が複雑です。初めていくと若干戸惑います。

(画像1)フロアマップ

(引用元:http://goo.gl/9NmPA)

しかし、話はそこまで複雑ではありません。なぜなら声かけエリアと和みエリアはある程度決まっているからです。

note.mu