面接やESで頭ひとつ抜け出すテクニック

 

就職活動が本格化していますね。

私自身も今年に入って大学の後輩、数人からOB訪問を受けました。

私が大学の頃よりも、「学生起業」のようなものが一般的になっている分、ビジネス感覚が優れている学生も多い一方、特になんの対策もしておらず、どうしていいか分からない人も多く、二極化が進んでいる印象です。

就職活動においては、持論があって、

「内定をいくつも取る就活エリートが、必ずしも仕事ができるわけではない」

と考えています。

恋愛やナンパでも似たようなことが言えて、

「最初だけよく見える男と、本当に魅力的な男はたいてい別である」ともいえます。

そして、逆説的ですが、小手先のテクニックで自分をよく見せられるのが恋愛であり、就活です。

学生時代に起業する必要も、本を出版する必要もありません。

他の学生よりも頭一つ抜き出て見えさえすれば、志望企業の一つには通ります。面接に必要なのは大きく分けて、テクニックとマインドセットがあります。

今回はそのテクニック的なものをご紹介します。この視点はES(エントリーシート)でも役に立つと思われます。

 

①やりたいことではなく、問題意識で話す

note.mu