恋愛地理学なぜ東京のブスは偉そうなのか−恋愛地理学

 

この現象は、きちんとした論理的説明が可能です。

結論から言うと、東京(大都市)にいると女性がモテるのです。

 

そもそも、大都市とはどんな特徴を持った場所なんでしょうか。

大都市とは、
政治経済の中心地で官公庁やグローバル企業の本社機能が集中している市街地のことです。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、ドバイ、シンガポール、上海、香港等。

大都市には、政財界のエリートが集中しています。

 

田舎との人材の比較でみてみましょう。

 

たとえば、高知の田舎の村では10年に1人の神童と言われ東大へ進学し、
外務省にいった山田信乃助くんみたいな子が、
東京には数千人いるのです。

なぜなら、東京には東京大学があるし、外務省・経産省財務省などの中央省庁があります。またゴールドマン・サックスマッキンゼー電通三菱商事といった大企業の本社が存在します。

山田信乃助くんは、高知では村一番の美女と結婚できたかもしれませんが、
東京では銀座のホステスに「官僚って給料安いし大変よねぇ」と軽くあしらわれるわけです。

六本木のナンパスポットにいっても、
整形外科医や外銀のチャラ男が
幅をきかせていて、いまいち高知の神童ぶりがアピールできません。

そして、山田信乃助くんは思います。
「ブスでもいい」と。

 

抽象化すると、

全国の田舎で神童と言われたハイスペックな男たちが、
わんさかやってくる東京という土地。

上位の男たちはモデルや女優を侍らせますが、そんなのはごく一部。
あぶれた男たちは街に溢れだし、自らの価値の低下ぶりに気づきます。

山田信乃助くんとその他大勢は思います。
「ブスでもいい」と。

これが東京(大都市)でブスが調子に乗る理由です。

お分かりいただけたでしょうか。

ちなみに、橋本環奈、西内まりや山本美月、紗綾、篠田麻里子蒼井優吉瀬美智子浜崎あゆみ牧瀬里穂黒木瞳を排出した美女が多い福岡で女子あまりが発生中らしいですよ。

市内に住む20代前半の男性4万2千人に対して20代前半の女性は4万5千人。
20代後半では男性5万1千人に対し、女性5万7千人。
30代前半では男性5万5千人に対し、女性5万9千人…

http://news.livedoor.com/article/detail/9816192/

地方でナンパがうまくいきやすいというのは、

経験者は知っていることなのですが、きちんとした理論的背景があるのです。

 

だから大都市で恋愛プレイヤーをやっているみなさんは自信をもって大丈夫なのですよ。