読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マーケッターの視点】noteで何を書けば売れるのか。

 

noteが盛り上がっているようです。

賛否あるようですが、世間の関心が、

向いてきているのは事実なようです。

人に会うと、

「自分もnoteで書いてみたいと思っているんですけど、

 なにを書けばいいかわからなくて。」

「ブログなら書けるのですが、noteになると筆が動かないんです。」

という相談も何人かからされます。

あと、先日、noteに関する質問もいただきました。

 

-noteだとどのへんが売れるのか。

 

パンダさんこんにちわ。

いつも楽しく拝見させていただいています。

ナンパ師のS(匿名)といいます

ナンパの質問ではないのですが、ぶっちゃけnoteってどうでしょうか。

私は、情報商材、ナンパやそれ以外も含めていくつか売った経験があるのですが、

noteにも参入しようと思っています。

パンダさんや恋愛工学の人たちもすでに書いており、

なにか差別化できる要素がないと難しいのでは、とも考えています。

あと、料金設定も情報商材に比べると低いので、

そのあたりもやり方を考えなければなと思います。

あと、パンダさんの感覚で「どのへんが売れる」みたいなのってありますか?

そのへんもろもろご意見伺いたいです。

もし、載せられる場合は匿名Sでお願いします。

 

-PuANDAの回答

 

私自身、そもそもは、webマーケティングの実地訓練として

有料コンテンツを販売してみたいと思っていました。

そしてその発表場所として、

Kindleか、メルマガか、noteかで迷っていたところ、

「noteなら買いますよ!」と多くの方が言ってくれたことが、

直接のきっかけです。

で僕自身は自分のやっていたナンパのノウハウを

文章化して発表化することをシコシコやっているわけです。

その副産物として、

最近、コツというか勘所みたいなものが分かってきました。

ちなみに有名ブロガーのイケダハヤトさんやはあちゅうさんが、

「noteでうまくやるにはどうしたらいいの?」

という疑問を持っている方に、売上公開や自信の方法みたいなのを伝授しているのですが、

これを真似しても恐らく売れるコンテンツにはなりません。

彼らと同等の知名度がある方がやれば、そこそこは売れますし、

知名度がない方がやれば、売れません。要は知名度です。

私自身、マーケティング領域の仕事に従事していることもあり、

マーケッターの視点として

「noteでうまくやるにはどうしたらいいの?」

という問いに答えたいと思います。

note.mu